top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その8)」

◆前々回に「主の宮」について記しました。旧約時代は祭壇、幕屋、神殿が礼拝の場であり、新約時代はそれぞれの家が礼拝の場であり、クリスチャン個人を指しても「あなたがたは聖霊の宮である」と教えていることを確認しました。聖書の記述からは以上のことが分かりますが、さらにユダヤ文書等を参照すると興味深い記録が残されています。

◆旧約のイスラエル王国がバビロン帝国によって支配されたとき、多くのユダヤ人が捕囚としてバビロンが支配する地域へと捕らえられていきました。いわゆる「バビロン捕囚」です。戦争で勝利した国は、敗北した国を徹底的に弱め、反逆の機会を与えないように土地や戦利品を奪い、人々を散らして弱体化させるからです。しかし、イスラエルの民は散らされた地域でも唯一の神を礼拝し、聖書(律法)を大切にし、神の民としての聖さを保ち続けました。もうエルサレム神殿で礼拝をささげることはできませんが、彼らは散らされた先で集まって礼拝をしたのです。こうして「シナゴーグ」と呼ばれる礼拝の場、会堂が誕生しました。クリスチャンは神礼拝のためにはしぶとく、粘り強くあったのです。

◆「シナゴーグ」はエルサレムを向けて建てられ、ダニエルも「屋上の部屋はエルサレムの方角に窓が開いて」(ダニエル6:10)祈りと礼拝をささげていました。これが新約時代に「会堂」と呼ばれるところで、イエスさまも「安息日に会堂に入って教えられた」(マルコ1:21)と礼拝、宣教、祈りの場としてシナゴーグ会堂に集っておられます。さらにそこは礼拝の場だけでなく「会堂司ヤイロ」(マルコ5:22)のように、会堂を管理する人のいたことが分かります。それはただ掃除や留守番といった管理ではなく、この会堂であらゆるユダヤ人の生活支援、相談、交わりがなされており、彼らはその管理責任を負う者でした。会堂は神と出会う礼拝の場、クリスチャンの交わりの場、地域の人々との交流の場としての役割を担っていました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆いわゆる「教会」の始まりは使徒の働き2章に誕生の経緯が記されています。使徒の働きや新約聖書の手紙から初代教会の姿を丁寧に読み解き、その本質を受け継いでいくことで主の教会はこの2千年間立ち続けてきました。逆に言えば、この初代教会の姿から離れていくとき、それは主の意図された教会ではなくなっているとも言えます。その初代教会を一節で表す個所を選ぶならば「彼らはいつも、使徒たちの教えを守り、交わりを持ち、

◆教会総会にて私たちめぐみ教会は「ゴスペルハウス」の取り組みスタートを決議いたしました。説明が足らないところも多々あると思います。これから「100日祈祷」を開始いたします。期間中何度か祈祷課題カードを更新しながら、祈りを積み上げてまいります。必要なことは主がすべて、また一つひとつ教えてくださることでしょう。なぜなら、私たちがイエス・キリストをかしらとし、主として祈り求めるとき、主は一人ひとりを丁寧

◆「彼らはみな・・・イエスの兄弟たちとともに、いつも心を一つにして祈っていた。そのころ、百二十人ほどの人々が一つになって集まっていた」(使徒の働き1:14-15)。教会は集まりを大切にします。教会を表す言葉=エクレシア(希語)が「呼び集められた者たち」を指すことも以前シェアさせていただきました。そして、使徒の働きでは集まり=祈りをしていたと意味する箇所がちらほらあります。ただ集まることではなく、祈

bottom of page