top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その8)」

◆前々回に「主の宮」について記しました。旧約時代は祭壇、幕屋、神殿が礼拝の場であり、新約時代はそれぞれの家が礼拝の場であり、クリスチャン個人を指しても「あなたがたは聖霊の宮である」と教えていることを確認しました。聖書の記述からは以上のことが分かりますが、さらにユダヤ文書等を参照すると興味深い記録が残されています。

◆旧約のイスラエル王国がバビロン帝国によって支配されたとき、多くのユダヤ人が捕囚としてバビロンが支配する地域へと捕らえられていきました。いわゆる「バビロン捕囚」です。戦争で勝利した国は、敗北した国を徹底的に弱め、反逆の機会を与えないように土地や戦利品を奪い、人々を散らして弱体化させるからです。しかし、イスラエルの民は散らされた地域でも唯一の神を礼拝し、聖書(律法)を大切にし、神の民としての聖さを保ち続けました。もうエルサレム神殿で礼拝をささげることはできませんが、彼らは散らされた先で集まって礼拝をしたのです。こうして「シナゴーグ」と呼ばれる礼拝の場、会堂が誕生しました。クリスチャンは神礼拝のためにはしぶとく、粘り強くあったのです。

◆「シナゴーグ」はエルサレムを向けて建てられ、ダニエルも「屋上の部屋はエルサレムの方角に窓が開いて」(ダニエル6:10)祈りと礼拝をささげていました。これが新約時代に「会堂」と呼ばれるところで、イエスさまも「安息日に会堂に入って教えられた」(マルコ1:21)と礼拝、宣教、祈りの場としてシナゴーグ会堂に集っておられます。さらにそこは礼拝の場だけでなく「会堂司ヤイロ」(マルコ5:22)のように、会堂を管理する人のいたことが分かります。それはただ掃除や留守番といった管理ではなく、この会堂であらゆるユダヤ人の生活支援、相談、交わりがなされており、彼らはその管理責任を負う者でした。会堂は神と出会う礼拝の場、クリスチャンの交わりの場、地域の人々との交流の場としての役割を担っていました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page