top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(31)」

◆教会には聖書的、神学的、歴史的、地域性といった様々な定義付けや見方があります。ここでは私たちが次の教会のすがたを模索し、作り上げていくために歴史性と地域性から教会を見てまいりましょう。

◆教会の歴史性は、それこそ使徒の働き2章やイスラエル、 アブラハムから始まる神の民など始まりもどんどん深めることができます。それはまたの機会に譲ることとして、ここ「福岡めぐみ教会」の歴史性はもう少し近づけて考えることができます。1995年の開拓開始、入江師夫妻の献身、また所属する日本同盟キリスト教団の祈りと支援、当時はまだ九州宣教区の存在自体がありませんでしたので、中国四国九州ブロックの助けと交わりがありました。ただし、これらは起点でしかないので、その始まりから現在に至るまでの積み上げがあってのことです。ただ教会開拓が始まりました、現在は28年目ですという単純なものではないからです。歴史性を考えるとき、起点とその過程の歩みも同等の重みがあることを覚えたいものです。それは、今の私たちの取り組みも後の日から見れば過程の一つであるからです。大事に、ていねいに、そして大胆に歩みたいものです!

◆教会の地域性についても歴史性と同様、広さ、近さの両面があります。広さでは、キリストのからだなる教会はぶどうの木の枝のように世界中にあることです。「聖徒たちと同じ国の民であり、神の家族なのです」(エペソ2:19)のみことばの実現を私たちは目撃し、体感しています。近さでは、今礼拝をともにする人々がおり、この拾六町に会堂が与えられていることです。神の計画により、この地域、この人々と礼拝と宣教の歩みをしていくように導かれています。ですから、どうしても教会や自分たちの周囲にいる人々を意識して近さから広さへつなげていくのですね。私たちがどうやって始まり、どのように歩んできたのか、またここからどこへ向かうのか。できればともに羽ばたいちゃいましょう!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page