top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会の姿(25)」

◆先週から英会話クラスが開始されました。遠くアメリカからアンバーリー姉(カルフォルニア)、ローレン姉(フロリダ)をお遣わしくださった主に感謝します。時差ボケもまだ取れず、慣れない文化、環境の中さっそく働きを始めている二人の姉妹に勇士の姿を見ました。先輩宣教師夫妻からトレーニングを受け、初対面となる生徒さんたちのためによく準備され、祈って押し出されて始まっているこの働きです。ぜひ日々の祈りに覚えてください。◆この英会話クラスは、私たちがゴスペルハウスを始めるのに合わせて神さまが備えてくださった機会としか言いようがありません。ゴスペルハウスを始めるのはいいけれど、いつ、何を準備して、どのようにスタートたらよいのかまったくわからない中で、今回こうして英会話クラスがスルスルっと始まりました。特筆すべきは現在クラスは7つありますが、そのうち教会堂で持たれているクラスはわずか1つです。その他は信徒宅、宣教師宅、そして何と受講生宅(!)です。神さまがゴスペルハウスを始めるにあたり、その予行演習をちゃんとしてくださっているのだと思いました。陸上選手の走り幅跳びでしっかり助走をとってから跳躍するように、私たちもこの英会話クラスの機会を短期のもの、大学生ボランティアや宣教師の働きとせず、私たち教会の働きとしてスタートし、取り組み、祈り、恵みを味わっていくことができるのはとても素敵なことです。

◆クラスは7月下旬までの全7回(あと6回)です。英語を学びつつ、バイブルタイムでみことばにふれ、生徒同士で分かち合うことにより隣人、友人となっていきます。開催場所ホスト、送迎や参観の親御さん同士も言葉や交わりを通してキリストの恵みを分かち合うことのできる絶好の機会です。「機会を十分に活かし・・・聖霊に満たされ・・・詩と賛美と霊の歌をもって互いに語り合い」(エペソ5:16-19)初代教会の持っていた力、潤い、喜びをいただいて前進いたしましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page