top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会の姿(25)」

◆先週から英会話クラスが開始されました。遠くアメリカからアンバーリー姉(カルフォルニア)、ローレン姉(フロリダ)をお遣わしくださった主に感謝します。時差ボケもまだ取れず、慣れない文化、環境の中さっそく働きを始めている二人の姉妹に勇士の姿を見ました。先輩宣教師夫妻からトレーニングを受け、初対面となる生徒さんたちのためによく準備され、祈って押し出されて始まっているこの働きです。ぜひ日々の祈りに覚えてください。◆この英会話クラスは、私たちがゴスペルハウスを始めるのに合わせて神さまが備えてくださった機会としか言いようがありません。ゴスペルハウスを始めるのはいいけれど、いつ、何を準備して、どのようにスタートたらよいのかまったくわからない中で、今回こうして英会話クラスがスルスルっと始まりました。特筆すべきは現在クラスは7つありますが、そのうち教会堂で持たれているクラスはわずか1つです。その他は信徒宅、宣教師宅、そして何と受講生宅(!)です。神さまがゴスペルハウスを始めるにあたり、その予行演習をちゃんとしてくださっているのだと思いました。陸上選手の走り幅跳びでしっかり助走をとってから跳躍するように、私たちもこの英会話クラスの機会を短期のもの、大学生ボランティアや宣教師の働きとせず、私たち教会の働きとしてスタートし、取り組み、祈り、恵みを味わっていくことができるのはとても素敵なことです。

◆クラスは7月下旬までの全7回(あと6回)です。英語を学びつつ、バイブルタイムでみことばにふれ、生徒同士で分かち合うことにより隣人、友人となっていきます。開催場所ホスト、送迎や参観の親御さん同士も言葉や交わりを通してキリストの恵みを分かち合うことのできる絶好の機会です。「機会を十分に活かし・・・聖霊に満たされ・・・詩と賛美と霊の歌をもって互いに語り合い」(エペソ5:16-19)初代教会の持っていた力、潤い、喜びをいただいて前進いたしましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

Comments


bottom of page