top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会の姿(26)」

◆5月末からアンバリー、ローレン姉がおいでくださり、英会話クラスが始まり3週目を迎えます。これまで二人の健康が守られ、環境にも適用できているようで感謝します。週7つのクラスとその準備は大変なことかと思います。異国の地で毎日違う人と会うことにもストレスを感じることがあるかと想像しますが、彼女たちはたくましく自転車に乗り、スマホホルダーを付けて英会話開催場所やビーチサイドに行ったりしています。私は教会で行われているクラスの様子を少し見ましたが、一週目の終了後二人でよく話し合い、生徒たちがより積極的に参加したり、理解したりできるようにクラスの進め方などを改善しているのが分かり、すごいなと思いました。「今のクラス、どうでしたか?」と聞いてくることもあり、さらに良くなることへの姿勢がとても頼もしいです。

◆あることを改善するためには、人からの意見を聞かなければなりません。子ども時代は親や教師や周囲の大人たちが「~した方がいいよ」と教えてくれることもありますが、中高生になると周りの意見が邪魔くさく感じ、なかなか自分をオープンにして素直に意見を求めることができません。大人になるとさらにそれが難しくなるように感じます(私自身のこと!)。自分のやり方がふさわしかったかどうか、次さらに良くするためには、何が足りないか。そんなことを自ら聞きに行ける姿勢を持ちたいと、彼女たちを見ながら願わされました。

◆教会においても、まず主に聞きながら、また兄弟姉妹に自らアドバイスを求めることをいとわないでいたいものです。人の意見に耳を傾け、さらにそれを行動に落とし込んでいくことはしんどいことでもあります。自分を低くし、心を開かなければ決してできないことです。けれども、もしそれが柔軟にできたなら何となく嬉しくなったり、こだわっていた自分を笑えたり、他者を愛おしく思えたりするのかもしれません。「人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい」(エペソ6:7)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page