top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「計画の立て方」

◆「人は心に自分の道を思い巡らす。しかし、主が人の歩みを確かにされる。」(箴言16:9)私たちはそれぞれ「計画」を立てます。しかし、すべての答えを出されるのは主です。どうせ主の計画がなるのであれば、私たちにわざわざ計画を立てる必要があるのでしょうか。これは祈りにも似ていますね。神さまは私たちの最善をご存知で、御心を行うのだから祈っても無駄なんじゃないの?と考えるかもしれません。

◆では、私たちが計画をし、祈るのはなぜでしょうか。それは主が「関係を求めておられる」からです。主は何よりも私たちとの関係を大切にされます。「わたしがいるから大丈夫だよ。あなたが悩まないように全部わたしがやってあげる。わたしのことは何も考えないで過ごしてね」とは言われません。むしろ「あなたはどこにいるのか」(創世記3:9)と問われ、「わたしを呼べ」(エレミヤ33:3)と命じるお方です。私たちがどなたの前で生き、どなたを意識し、どなたに尋ね、どなたを信頼するのかが、計画や祈りに表れるのです。計画を立てることは無駄ではなく、主の前に誠実に歩む大切な営みです。

◆もうすぐ年末。新しい年の目当てを思案する方もおられるでしょう。また、執事会では次年度のために議事を進めています。特に、年間に掲げていくテーマとそのスローガンが明瞭になるよう祈り求めている渦中です。いずれも、私たちが神を恐れ、神の国とその義を第一に求めた計画を立ててみましょう。そのうえで、主の御心にかなうよう確かにされること、変えていくべきこと、変えていただくところが示されるように尋ねてみましょう。そうすると、すべてが自分にとって完璧や理想通りでなくても、後悔することはありません。神ご自身がその御手にある計画に責任を持ち、知恵と力を注ぎ、時にかなって導いてくださるからです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page