top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

初めての牧師交代

更新日:2022年8月8日

改めまして、みなさまにご挨拶申し上げます。2022年4月より福岡めぐみ教会の牧師となりました大塚史明です。めぐみ教会にとっても、また私自身にとっても初めての牧師交代となります。 今はお互いがハネムーン時期のように何でも新鮮に感じ、またそれぞれの良い点にふれながら過ごす期間かもしれません。これから幾多の季節をともに過ごしながら、神の家族の素晴らしさ、福音宣教の楽しさを味わってまいりましょう。私たち家族も初めての九州生活となり、いまだに福岡にいることさえも実感がわきません。到着して一週間ですが、それでも確かにわかることもあります。 ⓵めぐみ教会が私たちを迎えるにあたりよく祈ってくださっていること。みなさん笑顔で、すぐに私たち家族の名前を呼んで挨拶してくださることから十二分に伝わりました。いや、ここは拾六町ですから160%(!)の歓迎感をもたらしてくださいました。

⓶主の日を存分に過ごしていること。主の日の礼拝のために前週から陰ながらの備えがなされ、日曜日は教会の門が開くと同時に様々な声が飛び交い、礼拝では一つとなる。また午後は思い思いの過ごし方をしたり、駅前にめぐみ教会のニュースレターを手渡しに出かけたり。進んでご奉仕される姿、リラックスして過ごしておられるお顔が印象的。それを眺めているだけでこちらも嬉しさをかみしめました。今週、十字架へと歩まれる主イエスの足あとに倣いつつ、ますます主の教会を愛しましょう。


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page