• 大塚 史明 牧師

初めての牧師交代

改めまして、みなさまにご挨拶申し上げます。2022年4月より福岡めぐみ教会の牧師となりました大塚史明です。めぐみ教会にとっても、また私自身にとっても初めての牧師交代となります。 今はお互いがハネムーン時期のように何でも新鮮に感じ、またそれぞれの良い点にふれながら過ごす期間かもしれません。これから幾多の季節をともに過ごしながら、神の家族の素晴らしさ、福音宣教の楽しさを味わってまいりましょう。私たち家族も初めての九州生活となり、いまだに福岡にいることさえも実感がわきません。到着して一週間ですが、それでも確かにわかることもあります。 ⓵めぐみ教会が私たちを迎えるにあたりよく祈ってくださっていること。みなさん笑顔で、すぐに私たち家族の名前を呼んで挨拶してくださることから十二分に伝わりました。いや、ここは拾六町ですから160%(!)の歓迎感をもたらしてくださいました。

⓶主の日を存分に過ごしていること。主の日の礼拝のために前週から陰ながらの備えがなされ、日曜日は教会の門が開くと同時に様々な声が飛び交い、礼拝では一つとなる。また午後は思い思いの過ごし方をしたり、駅前にめぐみ教会のニュースレターを手渡しに出かけたり。進んでご奉仕される姿、リラックスして過ごしておられるお顔が印象的。それを眺めているだけでこちらも嬉しさをかみしめました。今週、十字架へと歩まれる主イエスの足あとに倣いつつ、ますます主の教会を愛しましょう。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆コロナ感染拡大の勢いが過去最高を記録しています。テレビ、新聞、ネット、SNS等で様々な情報にふれることができる昨今です。その中でよく「正しい情報を取り入れるようにしましょう」と注意喚起なされることもありますが、その「正しい情報」を判別することが可能なのでしょうか。逆の「偽りの情報」とはどんなものでしょうか。よく「ネットの情報はテレビに劣るから気をつけたほうがよい」と言われますが、今ではネットの方

◆本日はオンライン(基本)での礼拝となります。2020年以降、福岡めぐみ教会の皆さんは、この状況に慣れておられるでしょうか?もちろん、会堂でともに集まれることに越したことはありませんが、何とか公同の礼拝をささげるための知恵と手段が与えられていることに感謝したいものです。しかし、オンラインでは独特の疲れもありますね。普段は、ひょっとすると人付き合いで疲れることもあるかもしれませんが、オンラインだとま

◆長友忠昭兄弟の前夜式を10日日曜に、葬儀を翌11日月曜に執り行いました。先月に入院された際にはふらつきからの転倒とのことでしたが、検査をする中で病が見つかり身体の状態は芳しくなくなり、今月に入ってからは余命宣告がなされるという思わぬ展開に信子夫人はじめ、ご家族も戸惑いと驚きの連続であったことと思います。長友兄は長年の祈りが答えられ、昨年10月3日にバプテスマの恵みに授かりました。入江牧師によると