top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

恵みにする訓練

更新日:2022年8月8日

 教会や聖書で「恵み」という言葉をよく聞き、また使います。この教会名は「福岡めぐみ教会」。入江牧師から引き継いだこのコラム名も「主の恵み」。「恵み」という言葉の持つ意味、その広さ・長さ・高さ・深さはどれほどのものでしょうか。実に「すべてが恵み」という境地こそ、神を信じる者に与えられる恵みの理解です。私たちは自分が良いと思ったもの、自分にとって良く感じられるものを「恵み」とし、受け付けないものや予想に反するものは「試練」とかひどいときは「罰」などと受け止めてしまいがちです。そうして自分の目にとって良いもの、悪いものを見分けていくと判断基準が自分になってしまい、「すべてが恵み」とは到底言えなくなります。そしてそんな自分はダメだとか、神さまが分からなくなって・・・と弱音を吐いたりもします。イスラエルの民が荒野の旅路で空腹時につぶやいたとき、主は天から「マナ」を降らせて40年間養われました。人々の最初の反応は「これは何だろう」(出エジプト16:15)という驚きでした。得体の知れない、けれども確かな主からの贈り物。そうして40年の間養われたにもかかわらず、民数記11:6では「私たちの喉はからからだ・・・ただ、マナを見るだけだ」と不満をぶつけます。あの新鮮な驚きは消え失せ、毎日マナばっかりで飽きてしまった、もう見るのも嫌だ!となったわけです。初めの驚きを、初めの感動を、初めの躍動を、今も、そしてこれからもそのまま受け取り感謝する者でありたく願います。主よ、すべてがあなたからの恵みとする訓練をさせていただけることを感謝します。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page