福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

恵みにする訓練

更新日:8月8日

 教会や聖書で「恵み」という言葉をよく聞き、また使います。この教会名は「福岡めぐみ教会」。入江牧師から引き継いだこのコラム名も「主の恵み」。「恵み」という言葉の持つ意味、その広さ・長さ・高さ・深さはどれほどのものでしょうか。実に「すべてが恵み」という境地こそ、神を信じる者に与えられる恵みの理解です。私たちは自分が良いと思ったもの、自分にとって良く感じられるものを「恵み」とし、受け付けないものや予想に反するものは「試練」とかひどいときは「罰」などと受け止めてしまいがちです。そうして自分の目にとって良いもの、悪いものを見分けていくと判断基準が自分になってしまい、「すべてが恵み」とは到底言えなくなります。そしてそんな自分はダメだとか、神さまが分からなくなって・・・と弱音を吐いたりもします。イスラエルの民が荒野の旅路で空腹時につぶやいたとき、主は天から「マナ」を降らせて40年間養われました。人々の最初の反応は「これは何だろう」(出エジプト16:15)という驚きでした。得体の知れない、けれども確かな主からの贈り物。そうして40年の間養われたにもかかわらず、民数記11:6では「私たちの喉はからからだ・・・ただ、マナを見るだけだ」と不満をぶつけます。あの新鮮な驚きは消え失せ、毎日マナばっかりで飽きてしまった、もう見るのも嫌だ!となったわけです。初めの驚きを、初めの感動を、初めの躍動を、今も、そしてこれからもそのまま受け取り感謝する者でありたく願います。主よ、すべてがあなたからの恵みとする訓練をさせていただけることを感謝します。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆私たち福岡めぐみ教会には礼拝を中心にしつつ、教会の働きを支え、進めるために各会があります。今回はその働きについて紹介いたします。といっても私は着任半年ですからみなさんの方がきっと詳しいですね! ◆壮年会(男性):毎月一回程度、礼拝後2階で集まっています。今はクリスマスに向けてお楽しみ賛美のプランもあります。男性は外では戦士のように過ごしています。せめて教会では重荷をおろせるオアシスのような交わり

◆先週は教団の教師研修会に参加してきました。学びからさまざまな気づき、刺激を受け、同労者との交わりを味わいました。個人的には4月の着任以来初めて九州を離れることに。それだけでとっても寂しかったですから気分はすっかり九州人でしょうか。帰路には岐阜の両親宅で一泊し、術後の父の顔も見ることができました。お祈りと派遣を心より感謝します。 ◆さて、こうした機会は何かと働き続ける傾向にあるこの世においては貴重

◆礼拝ではエペソ人への手紙を学んでいます。詳しくいえば「エペソにある教会の信徒へ」ということになります。また新約聖書の時代からおよそ300年間はいわゆる「教会堂」「大聖堂」は造られていませんから、それぞれの教会は「家の教会」であったことがわかります。そう考えると、「エペソ人への手紙」▶「エペソにある教会への手紙」▶「エペソにある各家の教会に集う人々」と噛み砕くことができます。さらには、完成した66

Fukuoka Megumi Church