top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「九州宣教区の交わり」

◆本日は九州宣教区の全教会で講壇交換が行われています。近況を以下に記します。

福岡県:小倉中央教会、北九州聖書教会(キムヨンワン師夫妻)は次年度からキム師による複数牧会(兼牧)となります。伊東兄は副宣教区長を担っておられます。

大分県:中津聖書教会、大分希望キリスト教会(星沢数也師夫妻)は教会員や地域の子どものお楽しみ会が盛況。伝道の実が結ばれるように祈りましょう。星沢夫人は先日心臓手術が懸念され検査の結果異常なしで安堵されたところ。兼牧で両教会を行き来する先生、また礼拝や集会を守っている信徒の方々を覚えて祈りましょう。

大分恵みキリスト教会は粂野師(代務)役員会や聖餐式を導き、普段は昨年着任された吉持節子師が御用をしておられます。阿部兄は役務者(会計)を担っておられます。

熊本県:光の森聖書教会(ベートンリョル師夫妻):立地的に宣教区集会の拠点になっています。近くに韓国系企業の移転もあり、クリスチャンたちが導かれているところです。

長崎県:佐世保キリスト福音教会は本日お迎えしている坂口文雄師夫妻が牧会されている。先生ご夫妻の健康のために祈りましょう。壱岐伝道所は礼拝場所が信徒宅で、対面集会が再開されました。今年は宣教区教師の壱岐島訪問を計画中です。

宮崎県:宮崎めぐみ聖書教会(キムファンギ師夫妻)は、クリニック(整体治療院)の働きを通して地域に仕えています。ラブソナタを通して地域教会との協力も盛んです。

佐賀県:佐賀バイブルチャーチ(入江喜久雄師夫妻)2022年開拓スタート。当教会からは12/17クリスマス礼拝で賛美奉仕をします。祈りつつ、備えましょう。

鹿児島県:鹿児島いずみ教会(瓜生和彦師夫妻)2018年スタート。地域に開かれた教会として福音が前進しています。信徒の賜物が生かされ成長するように願っておられます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comentarios


bottom of page